神経因性膀胱の治療

神経因性膀胱と診断されたら、治療が始まっていきます。
その前に診断を下すために、様々な検査をします。
尿の勢いをはかる検査、残尿検査などです。
検査の結果を見て、泌尿器系のどの疾患を患っているのか診断をくだします。

神経医院性膀胱になった場合には、薬を服用しながら治療を進めていきます。
薬物療法と平行して、尿をある程度膀胱にためることが出来るように、
また尿が漏れ出てしまわないように、
骨盤低筋を鍛える運動をも合わせて進めていきます。

排尿に関するトラブルが長く続く場合には、
他の治療も進めていきます。
おなかを押して尿を自分で出せるようにすることもあります。
またうまく自分で排尿することが出来ない場合には、
しばらく尿道にカテーテルを通して尿を外へ出すこともあります。
さらには手術をすることもあります。

神経因性膀胱となったら、生活に大きな支障をきたします。
膀胱にたまっている尿を思うように出せなくなるのです。
しっかり治療していきましょう。

頻尿 サプリ ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です